いくらかかるのか実証・子供の歯科矯正始めました

小児こども歯科矯正小児歯科矯正治療, 小児歯科矯正費用

 

子供の歯科矯正をやっと決心しました。なんで決心かというと、お高いんです、やっぱり。息子の八重歯をなんとかしたいとは思っていましたが、ここへきて娘が”出っ歯”と判明…どっちを先にすればいいんだろう。

 

優先順位は生まれた順?

息子は八重歯のせいで口内炎がしょっちゅう出来ます。なので、大人の歯に生えそろったら矯正を、とは考えていました。ここの所いつにも増して口の中を噛んだとか、口内炎が治らない話を息子がしていたので、そろそろどうにかしてあげたい。保険は効かないとは聞いていましたが、歯科矯正を色々調べてみると…なぬ?百万円!!!嘘だろ…

 

そして娘。前回の学校での歯科検診の際に「開咬」と書かれたプリントをもらいました。開咬ってなんだろうくらいには思いましたが、虫歯はないし、と特に気にしていませんでした。そんな先日。乳歯がグラグラだけど、どうしても抜けなかったので、歯科クリニックで診てもらい、ついでにと歯の写真を撮ってもらったら、”出っ歯”と判明したのでした。うちの子、出っ歯だったのか。

 

クリニックで撮った写真をよく見ると、上前歯と下前歯が噛み合っていなくて隙間が空いていました。なので、娘は食事の際に奥歯だけで噛んでいたのでした。食べるのが遅いのも、いつまでも食べ物を飲み込まないで口に溜めてモグモグしているのもこのせいだったのか。こうなるのは指しゃぶりが要因の一つとも言われているようですが、娘は指しゃぶりをしなかったのになぁ。虫歯には気を付けていましたが、出っ歯とは…

 

息子か娘か究極の選択

何しろ保険が効かなくて実費になる歯の矯正。家計を圧迫するし、負担はものすごく大きい。でも歯は大切だし、治してあげたい。一人ずつならなんとか出来るかも…

 

大人の歯に生え変わって歯の矯正を始めるには最適の時期の息子と、きちんと噛み切れない上に成長するにつれ更に目立ってくるであろう出っ歯の娘。息子が先か?娘か先か?究極の選択です。どっち?

 

夫は「女の子だから」と娘押し、息子の方はいつでもいいんじゃないの?という考え。当の子供たちに聞くと、息子はやる気あり、娘はよく分からないという答え。私は。。。どっちか選べません!こうなったら歯医者さんに話を聞いてみよう。というわけで、先月末に子供達二人を連れて専門の歯科矯正に行ってみました。

 


結果はどっち


歯科矯正といっても、歯医者さんの腕から値段からそれぞれ様々で本当に迷いましたが、近所で評判の良さそうなところに予約しました。電話予約をすると取れたのは2週間後。評判の良さと人気は本当のようです。HPを念入りにチェックしてゴー。

 

予約制ですが混んでいて、1時間ほど待ちました。HPの通りの院長に、芸能人でも見るかのように「オーッ」となる私。初診でもまだ相談という形なので、何枚か口腔写真を撮っての説明でした。息子は顎が小さくて歯の生えるスペースが足りなかったとかで八重歯が二本あり、それが牙みたいになってます。なので、スペースを作るために最大上下四本の抜歯が必要だそうです。歯の総数は減るものの、歯の重なりがなくなる事で磨き残しや虫歯が出来にくくなるとか。八重歯のままだと、八重歯だけでなく重なった歯数本も悪くなるので、年老いたら八重歯周辺数本なくなるらしいです。「八重歯の老人見た事ないでしょ?」と院長。確かに見た事ない。

 

そして娘。思ったより治療期間が長くなりそうでした。娘も顎が小さいわりに前歯が大きく、出ているので、戻すためのスペースが必要なのと、下の歯とのバランスの為にどれか抜歯するかもと。抜歯の話と歯の矯正処置の例を見て恐る娘でしたが、治療後の歯の写真に見入っていました。娘の場合はまだ乳歯が生え変わるので、今から矯正をすると四年くらいかかるかもしれません。
大人の出っ歯の治療例を見ると出っ歯は矯正治療で治るけど、口の突出した感じは残っているのに対して、子供の出っ歯の治療例を見ると、早めに治したおかげで横から見てもスッキリきれいになってました。やはり娘も今か。

 

どっちかなんて選べない・ヘソクリの出番

というわけで、もう一大決心です…息子・娘の二人とも歯科矯正治療開始です。子供達それぞれ今それが必要で、どっちか一人だけ選ぶなんて、そんな究極の選択ができるわけが無いですね…虎の子は出すつもりはありませんでしたが、ヘソクリを足しにすれば何とか解決出来ると考えれば、まぁ致し方ないでしょう。ちなみに分割支払いも出来るそうです。これからも節約に励みます。

 

2回目の通院です。今回はレントゲン撮影や歯の型を取りました。一人5万5千円でした。次回は来月です。

 

二人で11万円也
初診料 3,300×2=     6,600
撮影診断料55,000×2=    110,000
    116,600

 

なお、歯科矯正治療は医療費控除の対象です。レシートは大切に保管しましょう!

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ