抜け毛がやばいのでヘナカラーで白髪染めをしてみた

買い物

白髪染めのヘナは市販の化学染料白髪染めとは違い、100%植物から作られています。私が使っているのはナイアードというメーカーのものですが、他にも色々なところから発売されています。
化学染料のように一回でキレイに黒々と染まりませんが、染料が植物からということで頭皮には優しい染毛料といえます。

 

実は以前も使用していたのですが、ヘナは植物染料なのでハーブ臭というか、まぁ、草みたいな独特なニオイがするのと、放置時間が約1時間と長いのもあり、お手軽な白髪染めに浮気すること数年…

 

ですが、ここのところ抜け毛が気になっていたので、というか、気になるくらいじゃないくらいやばかったので、しばらくぶりにヘナに挑戦してみることにしました。

 

使い方はヘナをマヨネーズ状にお湯で溶き→手で髪に塗る→ヘアーキャップもしくはラップで髪を覆う→ドライヤーで温めて→保温キャップを被り→放置50分→お湯でよく洗い流す

 

 

はい、こんな感じです

 

生え際はこんな感じ

今回使用したのが「ヘナ100%赤茶系」というものなので、かなり赤茶です。赤茶というよりオレンジっぽい。
本当は黒茶にしたいのですが黒茶は染まりにくいので、一度赤茶系を入れてから数日置いて、「ヘナ+木藍 黒茶系」の染料で二度染をするつもりです。

 

商品のレビューを見ると、黒茶系使用一度で染まる人もいるようなので髪質だと思います。
私の場合は一度目で黒茶系を使うと緑っぽくはなりますが、黒茶とは程遠い色になってしまい、例えると透かしたワカメみたいな感じの色になります。

 

それにしても今回は満足のいく色、濃いオレンジに染まりました。久しぶりということもあり、今回は失敗しないように保温キャップを被ったのが良かったみたいです。

 

 

今回うまく色が入った要因としては保温キャップもそうですが、洗い流す時にシャンプーを使わなかったのも良かったのかなと思います。というのも、いつもはきれいに洗い流したいのでシャンプーを使ってましたが、やはり洗浄するのでそれだけ色落ちもしやすく、シャンプーをするとうまく色が残らなかったのかもしれません。
ヘナは放置時間にすぐに染まるのではなくて、洗い流した後に髪が湿った状態で空気に触れることで発色するみたいなので、お湯できれいに洗い流すのみの方がより染まりやすいようです。

 

独特のニオイですが、今回は少し鼻の調子が悪かったのもありあまり気になりませんでした〜。コーヒー粉末やアロマオイルを混ぜてもいいらしいので、検討したいと思います。
以前は強烈な草臭と、放置時間が長いために頭が冷たくなって頭痛がしたのもヘナ離れの一つの理由でもありましたが、保温キャップのおかげか頭ほかほかで頭痛なし。保温キャップおすすめです!

 


気になる費用ですが、私の場合はセミショート、ミディアムショートなので40g使用二度染で…

「ヘナ100%赤茶系」/400g 3,300円(税込)
「ヘナ+木藍 黒茶系」/400g 4,950円(税込)  計825円

 

市販の白髪染めと同等となりました。手間はかかりますが、2週間おきに染めるとなると、やはり少しでも頭皮に優しい方がいいよね〜ということで、またヘナ再開でいってみようと思います。続くかな…

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ

買い物

Posted by nori