玄関タイル目地が欠けてる!DIY補修に挑戦してみた

家の事タイル目地補修DIY

いつから欠けてのか誰がやったのか分かりませんが、玄関のタイル目地が欠けていることに気付いてしまいました。やったの誰?

 

 

これ、床なんです。硬くて尖ったものが当たったのか、なんでこんなところが欠けるのか不明ですが、見つけてしまったので補修しないわけにはいきません。このまま放っておくと、ここを起点にしてヒビが広がるかも知れないし、濡れた靴から水滴が滴りカビの原因になる恐れがあります。

 

用意したのは「建設の友 MS-01 メジスティック」というもの。早速補修します。ちなみに値段ですが、楽天だと575円(税込)+送料660円、アマゾンだと775円(税込)でした。[2020/4/28現在]
プライム会員なら送料は無料です。

 

 

まずはタイル周辺のゴミや埃をきれいにします。きれいになったところで、メジスティックをリップの要領で繰り出します。初めて使う場合、メジスティックを繰り出すと先端に乾燥防止のビニルシートが貼ってあるので、まずはそれを剥がして目地の隙間に塗り込みます。

 


想像では、なんとなくスティックノリっぽいのを考えていましたが、メジスティックのテクスチャーはフワフワの焼きマシュマロっぽい柔らかいものでした。次回のために取っておくことを考えると、繰り出しすぎると戻らないかも知れないので、チョイ出しで良さそうです。塗り方ですが、周りのタイルに広がっても付属のスポンジで取れるので心配いりません。大体塗り込んだら、乾かないうちに平らに均します。仕上げは説明メモ書きに記載されているように、スポンジを少し湿らせてはみ出したメジスティックパテをきれいに拭き取ります。

 

平らだと埋めた感が出過ぎなので、スポンジの角を使って少し凹みをつけてみました。

 

 

こんな感じに仕上がりました。色がちょっと違いますが、玄関のタイル目地のほんの一部分なので目立たないし、まぁ、これでいいか。こうやって写真で改めて見ると、もうちょっと丁寧に塗れば良かったです。言い訳をしたくないですが、老眼なのか手元が見えにくくなっているので、おばさんはこれでも頑張りました…

 

思ったより簡単に補修ができました。…いや、実はこのメジスティックが到着する前に、目地の欠け部分に木工ボンドで応急処置をしてしまいまして、それを剥がすのにマイナスドライバーやらキリ(千枚通し)でほじくる作業が難儀でした。それで余計に欠けた穴を広げてしまいました…家に補修剤がない場合の、取り敢えずの応急処置には気を付けましょう!

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ