Hulu911シーズン2, あらすじ感想

フールーで視聴できる海外ドラマ、「9-1-1 LA救命最前線シーズン2」を見終わりました!あらすじと感想です。

あらすじ

新しい登場人物は二人、バックの姉マディ&消防士のエディ。マディはDV元夫から逃れるために弟バックを訪ねて、9-1-1オペレーターの仕事を得る。エディは元軍人で、イケてる見た目から最初はバックから警戒されるも打ち解けていく。そんな中ロスに大地震が…

バックは海外に行って連絡もままならない、いつ戻るのか分からないアビーを待つべきなのか悩み続け、ついにある決断をする。マディは消防士チムニーといい感じなのだが、元夫ダグのトラウマから抜け切れない。元夫を知らないチムニーに巧妙に近づくマディの元夫ダグ。そしてついに事件が起こる。

【FOX】「9-1-1:LA救命最前線」シーズン2 予告編

感想

全18話と少々長いですが、一話完結なのでのんびり見られます。今回新しいメンバーのマディ(ジェニファー・ラブ・ヒューイット)、9-1-1のコールセンターで働いていますが、胸元が開きすぎて横から見たら見えちゃうだろうと余計な心配をしてしまいました。あれじゃ異性も視線に困るんじゃないのかな〜。
元夫ダグ(ブライアン・ハリセイ)はココリコの遠藤さんを悪くしたみたいな感じで、登場してすぐに悪い人だろうなと予測できる分かりやすい役でした。サイコの元夫から必死に逃亡するマディ。って、この二人は実生活では本物の夫婦で、お子さんが二人います!


もうひとりのニューキャラはエディ(ライアン・グスマン)。元軍人で、障害のある息子を持つシングルファーザーです。イケメン枠での登場だったのかもしれませんが、なんかあんまりハマりませんでした。顔はそこそこハンサムなんです。なんでかな〜?
別居した奥さんに気があるかと思いきや、気持ちが戻りつつある奥さんに「信用できない」と言ったり、それなのにある時はヨリを戻そうとしたり、ちょっとフラ男なのが惹かれない理由だったのかも。


第9話に予想外の人が登場していました。9話はヘンの回顧の話で、アシーナの飲み友ベス・アンとして出演したのがテリー・リーブス。テリーはドラマ「シカゴファイア」で、ケイシー(ジェシー・スペンサー)の元婚約者役で過去に出演しています。しかもその9話、横にいたもうひとりの飲み友の名がケイシー、彼もまた消防士という偶然なのか狙ったのかちょっと笑ってしまいました。テリーの出演はここだけで、他にはなかったのですが、シカゴもLAも消防関係ドラマ制覇ってすごいですね。
ちなみに、「シカゴファイア」の俳優さんたちが着ている消防服やヘルメットは、焦げたり汚れたり黒ずんでいたりリアルですが、「9-1-1」は皆さん新品みたいでピッカーです。



そして、気になるバック(オリヴァー・スターク)の恋愛の行方はというと、ついにアビー(コニー・ブリットン)を諦めることにしました!パチパチ…だって、アビーがおばあちゃん…
確かにアビーはいい人なんでしょうが、二人のシーンがどうしても違和感ありありでした。親子というか、親を通り越しておばあさんと孫に見える時もあったりして。ツナギというのか、デニムのオーバーオールも「え?」でしたし。
シーズン3にアビー復活らしいので、ちょっとそれもなぁ。私には意外でしたが、アビーとバックを応援する視聴者も多かったようです。長いブロンドヘアは確かにゴージャスでした。


Embed from Getty Images

意外といえば、警察官アシーナ(アンジェラ・バセット)の年齢。1958年生まれなので、まさかの60歳過ぎでした!撮影時は50代後半だったとは信じられません。アシーナ、ほうれい線がなくて若々しい。アシーナとバックだったら、アビー&バックほど違和感がなかったかもと思うのでした。あの皮膚感、つやハリは本当にすごい。そんなアシーナとボビーの関係は良好で安心して見られます。


シーズン2は、今まで知らなかったヘンとチムニーの過去も掘り下げます。ボビーの回もありましたが、前回よりさらに詳しく、彼の苦悩が明らかになります。そして衝撃のラストは、連続爆弾事件発生でバックが大怪我を負います。バックは復活出来るのか!?


9-1-1 LA救命最前線シーズン2
FOX