ドッジボールで突き指したと思ったら骨折れてた

学校ドッジボール骨折


息子のクラスでは、休み時間にドッジボールをやっています。
あまり球技が得意ではない息子、一生懸命ボールをよけたものの指先だけが残っちゃってぶつけちゃったそうです。

 

最初は突き指かと思い湿布を指に巻いてましたが、翌日も痛いらしいので整骨院で診てもらったら、まさかの骨折でした。

 

比較のために怪我をしていない指のレントゲン写真を見せてもらうと一見なんでもないような、骨が折れているのかわかりませんでしたが、先生の説明の通りよく見ると、微妙に、骨折した方の指の輪郭がぼやっとしている箇所がありました。

 

なるほど、ここが骨折しているのか。

 

指ギプス?

 

これだけだとちょっと。。。なので、モザイク入れました。

 

指先をまっすぐにして固定すると思っていたら、”く”(写真だと逆”く”ですね)の字に。

 

確かに指先をまっすぐより、こちらの形の方が自然ですね。

 

病名は骨折といえば骨折かな

このくらいなら放っておいても治るかどうか聞いてみたら、「治りはするけどずっと痛いかもしれない」とのことで、診てもらってよかったです。

 

実は以前にも息子は数回指を痛めて、あまりの痛がりように都度診てもらったものの、毎度ただの突き指だったので、今回もそうだろうとすぐに病院に連れて行かなかったのです。

 


ドッジボールのボールが当たっただけで骨折なんて。。。

 

そういえば私も小学生の頃に、転んで手をついたら腕にヒビが入って、真夏の1ヶ月ほどギプスをしてました。暑かったのでとにかくキツかったです。

 

当時母親は「カルシウム摂取を意識して食事を作っていたのにショックだわ」と言っていたのを覚えています。確かに魚はよく食べていました。味噌汁には煮干が入っていて、今みたいにミルなんかはしていなくて、頭を取っただけの煮干し入り味噌汁が私はあまり好きじゃなかったな。牛乳はがぶ飲みしていましたが、いくらカルシウム摂取が十分でもグキっと捻った衝撃には勝てなかったようです。

 

見た目じゃ分からないので、親に「痛い」と言っても最初は信じてもらえず数日後にやっと病院に連れて行ってもらいましたが、とにかく痛かったです。

 

大したことがなさそうに見えても、痛がる場合はすぐに診てもらう方が良いですね。

 

放っておくと悪化したり、変形したり、痛みが残ることがあるそうです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ