インフルエンザだと思ったら溶連菌だった

学校溶連菌

インフルエンザが流行ってますね。

 

私は仕事場で予防接種を受けましたが、 私以外の家族は皆受けていません。
なぜって、やっぱり高い、そして痛いからです。私のみ連続3年インフルの予防接種をしていますが、毎回結構腫れます。注射をする時は普通のチクッとした感じなのですが、その後、腫れは3−4日続いて、痛いし痒みもあって不快です。
長袖の季節じゃなかったら、完全にボリボリしたくなる痒さです。大人でもこの痛さと腫れなので、子供は相当痛がるかも。それとも個人差があるのかな。

 

流行っているとはいうものの、学級閉鎖は去年何クラスかあったのみで今年に入ってからはなし、今はそんなに猛威を振るっているようでもなさそうです。
しかし。
昨日学校から帰宅した娘、調子が悪いと熱を計ったら38度3分。

 

 

インフルかな、インフルだとしても早過ぎて検査をしても出ないだろうなと思いつつも、 かかりつけ医へ。
やはり早かったのか陰性で、頓服だけもらって帰りました。

 

本日。起床時は37度ちょっとで、学校は欠席。
やはりインフルではなくただの風邪だったのかと様子を見ていると、10時半頃からまた38度超えで発熱し始めたので、再度診てもらいました。

 

 

なんと、インフルじゃなくて、溶連菌でした。

 

娘はまた鼻に長い検査棒をグイ〜っと入れられるのかと嫌々行きましたが、医師に喉の痛みと頭痛がある旨を伝えると溶連菌かもとのことで、今回は喉に棒。
娘によると、棒は棒でも鼻より喉の方が断然辛くないそうです。

 

抗生物質を1週間処方されました。
学校登校停止期間は少ないので、熱が下がったらまた明日治癒証明をもらいに病院に行き、数日で完全復帰出来そうです。
溶連菌の薬は予後がいいと聞いて一安心。4時間空けて服用して良いとのことなので、昼食後と夕食後、先ほど寝ていた娘を起こして(ごめんね)飲ませました。熱かったおでこはひんやりしていて、もう熱は完全に下がっていました。

 

検査キットの市販があれば、熱があって具合の悪い子供を連れて、何度も病院に行かなくてもよいのですが、病院に行くしかないのでしょうか…

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ