NetFlixドラマあらすじ感想レビュー

Netflixネットフリックスで視聴可能なドラマ「The One:導かれた糸」のあらすじ感想です。

 

遺伝学者のレベッカは同僚ジェームズと共にDNAで「たった一人の運命の相手」をマッチングさせる方法を発見。ビジネスになると見込んだレベッカは投資家に掛け合い事業をスタートさせる。1年半後、巨大ビジネスに成長した"The One"だったが成功の陰で秘密にしていたレベッカの化けの皮が剥がされようとしていた…

The One | Official Trailer | Netflix

感想

DNAでたった一人の運命の人とマッチングなんて面白い発想だなと思いました。フェロモンとかそういうのも聞きますが、主人公の遺伝学者レベッカはアリの行動を見て遺伝子的にマッチする相手を見つけるというアイデアを思いつきました。まずは自分を実験台にすることにしたのですが、そのためには膨大なDNAデータが必要ということで当時ルームメイトだったベンに目を付けます。ベンは仕事柄DNAデータにアクセス出来る権利を持っています。そんなある日、忽然とベンが失踪してしまいますが、遺体が発見されたことからレベッカは警察に追われるようになります。

 

レベッカ役はハンナ・ウェア(Hannah Ware)。他の作品を見たことがありませんでしたが、女優のアマンダ・ピートと本当にそっくりで、というか、二人は別人と分かっていても最後まで似てる!と思いながら見てました。ハンナさんはほっそりしているからか実年齢より上に見えましたが(1982年生まれ)、神経質そうなキャラ設定に見事に合っていました。

 

ビジネスは予想以上に大成功しました。そりゃそうですね、こんなマッチングサイトがあったら誰もが気になるでしょうし試さずにいられない。遺伝子的にマッチするんだから最強としか言いようがない。マッチする運命の人に出会うと、今まで面識がなかったにもかかわらず会った瞬間からお互いに惹かれあっていくらしいです。まさに運命の赤い糸ですね。マッチングした人は「会ったことがある気がする」とか「前から知っている気がする」と感じるそうです。実に興味深いですね。

 

レベッカにもマッチングしたマテウスという彼がいましたが、ビジネス成功のためにはマテウスを諦めるしか…でもやっぱり心の奥底にはいつも彼の影があってどうにもこうにも忘れることが出来ません。お互いに好きなのにどうにもならないふたりの関係がもどかしい。

 

 

マッチングサイトの発見は素晴らしいですが、すでにカップルになっている場合は事情が変わってきます。既婚者でも「本当にぴったりな運命の人」は気になるもの。興味本位で試してみたらマッチングする人がいた!となって、それがきっかけで破局してしまう人も。うーん、これは大問題です!

 

ストーリーは他に、既婚者なんだけど夫のマッチングする相手をこっそり調べる妻も登場。ちょっと変なことをしているとも思うけど気持ちはわかる。妻ハンナは夫マークの「運命の人」が知りたくて、マッチングした相手・メーガンと偶然を装って友人関係になります。夫の「運命の人」に興味津々のハンナは、メーガンを通して夫の好みのタイプを探ろうと必死になり過ぎて大失態。
滑稽なほど必死なハンナ、十分魅力的なんだけどね。相手のことを大好きすぎるってちょっとおかしくなるよね〜(遠い目…)

 

ビジネスを軌道に乗せるために数々の裏仕事をしてしまったレベッカ。人々を幸せにするためだけに立ち上げた「The One」でしたが巨大ビジネスとなった今、明るみに出たレベッカの私生活が原因で役員の立場が危うくなりかけたり、過去を巡ってお金が蠢きます。悪に手を染めてしまったレベッカは運命の人と幸せになれるはずはなく…

 

8エピソードで終わりですが、シーズン2も出来そうな感じの終わり方でした。次シーズンがあるならメーガンの報復とか、警察官ケイトの「運命の人」はどうなったのとか、レベッカはついに捕まるのか?という流れになるのかな。
それと、最後の方でレベッカは「運命の人」は一人じゃないケースもある(!)発言!!是非続きが見てみたいです。

 

Netflix

○こちらもおすすめ アマンダ・ピートさん出演
https://sanjino-oyatsu.com/movie-drama/netflix/dirty-john2betty-broderick