NetFlixCriminalUKseason2, クリミナル:イギリス編シーズン2

Netflixネットフリックスで視聴可能なドラマ「クリミナル:イギリス編シーズン2」のあらすじ感想です。

 

尋問の先鋭チームが、巧妙な嘘や黙秘権を盾にダンマリを決め込む容疑者たちから真実の自白を引き出そうと心理戦を仕掛けていくドラマシリーズ。尋問室という密室の中でアリバイが崩れ、罪を告白するまでに至る容疑者と捜査官の緊迫した時間が流れていく。

CRIMINAL SEASON 2 | Official Trailer | Netflix

感想

今回も面白かったです。シーズン1から1年経ってますが、このシリーズは見応えがあって楽しめます。
「クリミナル:イギリス編」の他に「フランス編」「スペイン編」「ドイツ編」もあって、国は違えど尋問室があるフロアの間取りはほぼ同じで、密室の中での容疑者と捜査官たちの心理戦と、マジックミラー越しの別室でその様子をじっと見守る捜査チームという、今までに見たことがない興味深い設定です。

 

登場人物も最小限で、始終同じフロアでの撮影のため派手な演出はないですが、それだけに俳優さんの熱演が光ります。捜査官を演じる俳優さんたちもすごいですが、容疑者側の俳優さんたちもすごい。ちょっとした仕草も自然で、捜査官の些細な動きや言動からくる反応なんかも全て計算されて演じているのかと思うと素晴らしいとしか言いようがありません。

1話「ジュリア」

服役中の殺人犯の妻という立場のジュリアに、手短にいくつかの質問をするだけのはずだったヴァネッサ捜査官。だが、答えを聞くうちにミラー越しの別室から様子を見ていたカイル捜査官はあることに気付く。



ジュリア役のSophie Okonedo(ソフィー・オコネドー)が素晴らしかったです。冒頭は気軽なインタビューという形で、あまり気負うことなく正直で気取らない献身的な妻っぽさを出していて、ヴァネッサ捜査官はジュリアに何の偏見もないので好意的に始まります。そんなヴァネッサ捜査官に気を許したのか、言わなくてもいいことを言ってしまうジュリア。

 

とにかくソフィーさんがすごく自然で、目の動きや顔がピクつくところとか見事としか言いようがありません。今回のシリーズで一番印象に残りました。

 

2話「アレックス」

職場の部下サラから暴行の罪で告発された不動産業のアレックス(Kit Haringtonキット・ハリントン)。証拠不十分で尋問されることになったが双方の言い分が食い違い、罪を認めさせようと一方的に攻める捜査官に苛立つアレックス。尋問を続けていくうちに捜査官はアレックスは白なのではと揺らぎ始め…そんな中、新たにサラと友人クレアが共謀した過去の詐欺が明らかになる。

 

これは冤罪の話でした。実際こういうこともあるのでしょうね。捜査官はアレックスに最初から有罪と決めてかかるような口調でしたが、不起訴となり結局アレックスは釈放されます。しかし釈放されて良かったと喜べない。職場で逮捕された彼は不起訴だったからとはいえ警察に逮捕された汚名はついて回り、何もなかったように元の生活に戻ることは不可能なのは明らか。警察に無実の証明をして欲しいと頼むも聞いてもらえません。

 

最後カイル捜査官が複雑な表情をしていたのが印象に残りました。

 

 
3話「ダニエル」

子供たちが巻き込まれる性犯罪を阻止するために、ダニエルはネットで未成年者を装い連絡をしてきた人物を世間に暴露して社会的制裁をしていた。子供を持つ親として自警から始めたダニエルだったが、ある日、間違った確信から暴露した人物シモンズが人違いで、彼は解雇された挙句その家族にも危害が及んでしまった。捜査チームはダニエル一人ではなく、グループで自警の活動を行なっていると読み彼女に罠を仕掛けようとするが…

 

捜査チームのボス・ナタリー捜査官はボスだけに結構強引に毎度尋問を進める方針のようですが、時にはこれに反対意見をぶつける同僚、そしてそれを抑え込まずに再考する耳を持つボスと、チームワークはよいようです。「ダニエル」は自警が度を過ぎてしまい、我を忘れるほどに病的に活動を行なったという話でした。

 

4話「サンディープ」

行方不明女性アナベルと一緒に映った写真が見つかり、服役中の殺人犯サンディープは尋問を受けるが、サンディープは別の未可決事件の情報と引き換えに減刑を要求する。10年間服役しているサンディープは、行方不明の少年の情報を渡す代わりに残り4年の服役を無効にする条件で犯人の名を言うという。元捜査チームで今は降格したヒューゴ刑事が呼ばれ、有利に思えたサンディープのアリバイが崩れ始める。

 

よく練られた話で、最後にこうなるか!と驚きの展開でした。尋問室の中はサンディープと捜査官2人のみですが、彼の持ってきた条件でミラー越しの別室ではお偉いさんが呼ばれたり裏方は忙しく動いています。

 

こういう、先が読めない捻られたストーリーは大歓迎でもっともっと見たい。サンディープの意味不明な指の動きも、何かを暗示しているのかと不気味さを増すのに効果的でした。

 


この4話目には、シーズン1に出ていた、元捜査官で尋問チームにいたヒューゴが再登場します。と言うか、去年のことなのですっかり忘れてしまっていたのでもう一回シーズン1を見返してみました。そうそう、ヒューゴね、シーズン1の3話「ジェイ」で降格した原因が明らかになっています。

 

Netflix

どの話も1話ずつなので、どこから見ても楽しめると思います。おすすめします!