ドラマ「そしてサラは殺された」|Netflixあらすじ感想

NetFlixドラマ映画あらすじ感想

Netflixネットフリックスで視聴可能なドラマ「そしてサラは殺された」のあらすじ感想です。

18年前に起きた事件で濡れ衣を着せられ服役していたアレックス。刑期を終えて出所したアレックスは妹サラ殺害の真相を追い、自分や家族を陥れたラスカノ家への復讐を始める。

 

Who Killed Sara Trailer Official Season 1 Netflix

メキシコが舞台のドラマです。
妹サラ殺害の濡れ衣を着せられた兄アレックスが、刑期を終え自分を嵌めた一家に復讐するという話なのですが、最初は登場人物がゴチャゴチャしていて多少わかりづらかったです。

18年前に起こった事件を追うということで、当時の若かりしアレックスとサラ、サラの彼ロドルフォ、ロドルフォの弟チェマや他多数と、現在の登場人物が出てくるわけですが18年後の現在は別の役者さんということもあって、暫しこれ誰?みたいなのが続きます。

全体的にメロドラマ調っぽい感じで、大袈裟な演技や役者さんのロングショットが続いたり、状況を無理くりセリフで説明したりするシーンや、「えっ、ここで?」みたいな唐突な場面があったりと少し戸惑う。

復讐のために辛い刑期を耐えてきたアレックス、獄中では肉体を鍛え、どうやったのか最新のハッカー技術まで習得している様子。刑期を終え、18年間放置されていた割にさほど荒れていない実家に戻り、早速復讐開始です!自分を騙した一番の悪玉セサルに反撃を仕掛けていくのですが…

って恨みある一家を狙う割に末娘のエリサのことは知らなかった様子。なので、近づいてきたエリサの色仕掛けにホイホイすぐに乗っちゃうアレックス。大丈夫かこの人?しかも喧嘩弱くて救急車で運ばれちゃってるし。
自宅の入り口にカメラをつけて家の中から訪問者を監視したり敵のハッキングをするくせに、家のセキュリティが甘くて窓の鍵を開けたまま外出して侵入されちゃうとか、敵に住所バレてるからもちろん襲撃されちゃうとか突っ込みどころ満載です。

 

 

次第に明らかになってくるラスカノ家の様々な悪事。サラを殺したのは一体誰なのか。
ところで18年も刑務所にいたアレックスの資金源がどこなのか気になっていましたが、割と後になってからその説明があります。あのおじさんね。

犯人は一番悪そうなセサル?いや、そんな単純なわけないよな〜。妻も相当ワルみたいだし、セサルの部下もやばそうだけど。サラ役の女優さんがかわいかったです。それに引き換えロドルフォ、18年後にこんななる?別の俳優さんとはいえ全然似せてなくてちょっと吹きました。

私はてっきりシーズン1で終わりだと思って見ていましたが、最終話になっても決着がつきそうにない。
最後の最後にサラの日記(?)らしきものが、アレックスがわざとらしくこぼしたビールのおかげで壁の中から見つかります。なんだよあの地図はさ〜。そんであのガイコツは誰?
途中何度か眠くなりつつもやっと迎えたラストでしたが、どうやら犯人はセサルではない?

ということでシーズン2に続くとなってます。次回は…みたくなっていて予告があるのですが、どうやらサラはただ者ではなかった様子。セサルと関係を持ったのも謎でした。次シーズンで全て明らかになるのでしょうか。

シーズン2は撮影済みのようで5月19日にリリースだそうです。すごく面白いかと言われればそれほどでもなかったですが、せっかくなのでシーズン2は見ると思います。

 

Netflix

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ