25年前の失踪事件が明らかに「その森に」|Netflixあらすじ感想

NetFlixその森にNetflixネットフリックス, その森にあらすじ感想登場人物

Netflixで視聴可能なドラマ「その森に」を見たので、あらすじ感想です。

あらすじ

1994年に高校主催のサマーキャンプに参加したパヴェウとカミラ兄妹だが、そこで最終日に事件が起こる。カミラ他サマーキャンプ参加者3人の行方が分からなくなったのだった。キャンプ場周辺を捜索すると、無残に殺害された男女二名の遺体が発見されるも、そこにカミラはいなかった。

妹は殺されたのか、それとももうひとりの不明者とどこかで生きているのか。あれから25年、検察官となったパヴェウは身元不明の死体の確認のために警察から協力を頼まれる。その死体は25年前にカミラと共に行方がわからなくなっていたアルトゥルだった…

The Woods | Official Trailer | Netflix

感想

 ポーランドのドラマです。最初の出だしから涙目をしたおじさんがドアップで迫ってきます。このドラマ、おじさんのドアップがすごく好きみたいで、とにかくもうなんかするとおじさんのアップ、アップです。正面のおじさん、上からのおじさん、横から、下から斜め上から、斜め下から、後ろからくるっと回ってスローでズームイン。とにかくおじさんのドアップが止まりません。売り出し中のアイドルでもこんなに映さないだろ!と突っ込みたくなるほどでした。

 

 話は25年前ということで、スマホを持たない若者達が音楽がなれば踊り、外ではバスケットボールや縄跳びなどなんだか微笑ましく過ごしています。そこは若者なので、羽目を外したりもしますが、まぁ想定内でしょう。殺人が起きるまでは…

 

 まず名前を判別するのが難解でした。それとサマーキャンプ参加者の年齢がイマイチわかりにくかったです。最初の方でパヴェウが「ここの監督者」というセリフがあったので、私はてっきりパヴェウは大学生バイトかボランティア世話係だと思っていましたが、参加者でした。班長的な役割なのかもしれません。
 それとヴォイテク。この人は指導員だか監督者と言っていたような気がしますが、見た目に学生じゃないのは明らか。しかしティーンの参加者にアルコールを渡しちゃうしティーンもこの人とタメ口だし、もしや超老け顔の学生?とも考えましたが結局あの人の位置は”フレンドリー指導員”的なものだったのでしょうか。のちに明らかになりますが、ヴォイテクは見た目通りヤバイ人でした。
 

 被害者モニカもどう見てもティーンじゃないだろと思いましたが、役柄的に本物のティーンじゃダメだったのかもしれません。

 


主な登場人物

パヴェウコピンスキ
 25年前に参加したサマーキャンプで妹カミラが行方不明に。妹の生存を信じている。カミラ失踪後に両親の仲違いで母親が家を出たのちは、男手一つで育てられる。当時は殺人事件の容疑者で警察から目をつけられていた。現在は検察官でカヤという娘がいる。妻は子供財団を設立経営をしていたが病気で亡くなった。
ラウラ
 サマーキャンプ参加者で、当時パヴェウと両想いだった。父親は校長。カメラ少女。現在は大学教授。歳の離れた夫レオンは大学の学長。
・アルトゥル・ペルコフスキ(マレク・コヴァルスキに改名)
 サマーキャンプ参加者で行方不明に。母親は掃除雑用などの仕事をするために一緒に来た。モニカに好意を抱いている。生存不明だったが、25年後に別名の遺体で発見される。
・ダニエル
 サマーキャンプ参加者で行方不明に。遺体で発見される。カミラと両思いだが、モニカとも関係を持っていた。
・カミラ
 パヴェウの妹で16歳。ダニエルと両思い。サマーキャンプ参加者で行方不明に。
・モニカ
 男好き。サマーキャンプ参加者で遺体となって発見された。
・ヴォイテク
 サマーキャンプの指導員。現在は殺人容疑で刑務所に服役している。
・ヨーク警部補
 被害者マレク・コヴァルスキが殺害された事件で、検察官のパヴェウが関係していると睨んでいる。
・クシシュトフ
 ジャーナリスト。息子が起こした事件をもみ消そうとパヴェウに近くが、パヴェウが応じないことに腹を立て執拗に脅し続ける。
・マウゴジャタ・タタールスク
 パヴェウの義妹。パヴェウの妻亡き後に子供の世話を見てくれている。子供財団の手伝いをしている。

 

 25年が経過して、あの時の真相が少しずつ見えてきます。骨が見つかった時にはパヴェウのお母さんかなとすぐに思いましたが、パヴェウがそれと気づかないんです!
 所々回想に入り現在と入り混じるつくりなのですが、若い時のパヴェウはハンサムなのでそれはとても良いとして、現在のパヴェウはプールに行ったり、ヘレナ・ボナム・カーター似の元カノで人妻ラウラに頻繁に連絡を取ったり酒を飲んだりばかりしています。しかも結構嘘つきでなんだかな〜。

 

 現在の検察官としての仕事をこなしつつ(ほぼアシスタントがやってます)25年前の事実が繋がり、犯人や失踪者、妹のことなどが明らかになっていきます。分かってしまうと、キャラで怪しそうな人は怪しかったということでした。あの落ち武者みたいなラウラの父、パヴェウの父、ヴォイテクはいかにもでしたからね。ラウラの父はじいさんかと思いきや油断ならない年寄りで驚きでした。動機はあの時の裁判?しかもあの人とあんなこともあったのかと意外性もありの結末でした。おじさんの過度アップや間延び感が気にならなくはないですが、全6話と気軽に見られると思います。

 テキサスTシャツを仕込んだのは結局誰だったんだろう…

 

その森に
Netflix
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ