「ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー」意外とホラーもいけました|Netflix

NetFlixThe Haunting of Bly Manor, ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナーあらすじ感想

Netflixネットフリックスで視聴可能なドラマ「ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー」を見たのであらすじと感想です。

 

両親を亡くした兄妹の教育・世話係として、ロンドン郊外の古い館に住み込みで働くことになったアメリカ人ダニ。館には10歳のマイルズと8歳のフローラ、家政婦のハナが住んでおり、他に通いで料理人のオーウェンと庭師のジェイミーが働いていた。少し大人びた表情のマイルズと無邪気なフローラの好意的な出迎えに安堵したダニだったが、何かに怯えているかのような彼らに違和感を覚える。ある日ダニは外に出て庭から館を見ると、いないはずの男が二階から彼女をじっと見つめていた…

 

The Haunting of Bly Manor | Official Trailer | Netflix

感想

ホラーは苦手なのでほぼ見ないですが、予告編が面白そうだったので見てみました。
2話くらいまで見続けてもどんなストーリーなのか、また、ダニが鏡を覆っている理由がわからず。ガラス越しに映り込む男性は見えるけど、気配がして振り向くといないので何かに取り憑かれているか、霊感が強いのかこの人は?みたいな感じで見続けます。

 

館に住むマイルズは年齢の割に悟ったような大人びた印象の男の子で、両親の死後に全寮制の学校に入れられますが、館にいる妹フローラを助けるためにわざと学校で問題を起こし退学になり、それからというもの兄妹で助け合って暮らしています。フローラは一見無邪気でおませでよく喋りとても可愛いのですが、顔のない人形を集めていたり(!)、時折不可解な行動を取ります。ダニはそんな兄妹に言い知れぬ薄気味悪さを感じてしまいます。

 

それと家政婦のハナ、時折ぼんやりとしている所もあるし、友好的に見えるけど素っ気ないところもあり、この方も謎です。まともそうなのは料理人のオーウェンだけ?
ハナ役のタニア・ミラー(T’Nia Miller)さんは、ハナがあっち側の人だとは知らずに演じていて、途中から知って驚いたそうです。

 

 

ダニには実は辛い過去があり、逃れるかのようにアメリカから出てイギリスに滞在していたのでした。この辺で初めて、過去に子供たちの世話係としてダニと同じように館にやって来た人物がいたことがわかります。
その人物はどうやら敷地内の湖に身を投げて命を落としたらしいということで、ようやく、やはり、この館は曰く付きで何やら恐ろしい秘密がある…

 

途中ハナの繰り返し見る夢だったり、それに乗ってくるオーウェンとの会話だったり、死者も入り混じってのごちゃ混ぜになってちょっと混乱。そして、ついにあのガラスや鏡に映る男性の素性が明らかになってきます。そうだったのか、ダニ!

 

最終的に兄妹は助かったけど、主役なのに哀れなダニの結末がかわいそうでした。最後は目の色も異なっていたところからも、ダニはもう本来のダニではないのですね…
なんだろう、ダニはいい子なんだけど優柔不断なところがあって、そういうところから恋人との別れになり、過去を吹っ切るように新たな生活をするように努めたけど、運命に導かれて館と繋がってしまったということなのでしょうか。

 

ホラーものをじっくり見たのは「アメリカン・ホラー・ストーリー」だけで、この作品がホラー作品鑑賞2回目でした。グロかったり怖すぎたらどうしようと思いましたが、意外と大丈夫でした。
2018年に作られたドラマ「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」という前作があるらしいので、そちらも見てみる予定です。

 

今回の作品は続編ということですが、幽霊屋敷ということは同じで2作品は話が異なるみたいです。楽しみです!

The Haunting of Bly Manor
Netflix

 

「アメリカン・ホラー・ストーリー」のあらすじ感想はこちら

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ