マーティ誘拐される!オザークへようこそシーズン3|Netflixのあらすじ感想

NetFlixOzark season3, オザークへようこそシーズン3

Netflixで視聴可能なドラマ「オザークへようこそ(Ozark)」シーズン3を見たので、あらすじと感想です。

あらすじ

密かに逃亡計画を立てていたマーティだが、ウェンディに諭されて一家はオザークに残ることに。大胆な事業拡大を提案するウェンディ、動揺し反対するマーティ。二人は意見が合わず、夫婦でセラピーを受ける。夫婦の溝が深くなるにつれ、ウェンディとヘレンのビジネスパートナーとしての関係は良好に。ヘレンは夏の間だけ娘とオザークに滞在することに。
一方、ルースを許せないワイアットはダーリーンの家の手伝いをするうちに親しい仲に。そんなある日、ウェンディの弟ベンがオザークにやってきて…

 

Ozark Season 3 | Official Trailer | Netflix

感想

今回もはちゃめちゃでした。もう、これでもか!というくらい、ウェンディとマーティに難題が持ち上がってきます。その度に苦悩の顔を見せるマーティですが、もうちょっとのことでは動揺しない鉄の心臓の持ち主になりつつあるようです。そんなマーティに、今回はさらなる試練があるんです。なんと、カルテルのボス・ナバロに誘拐され、目隠しをして車に載せられた挙句、プライベートジェットに乗せられてメキシコへ。ナバロは心理的にマーティを追い詰めていきます。

 

ウェンディはシーズンごとに気持ちがいいくらい度胸が据わってきて、今シーズンは常軌を逸しています。普通の専業主婦からのこの変貌ぶりがすごい。家族の身の安全の為に、マーティより一歩も二歩も先を見越していて、ヘレンと共に別のカジノを揺すって買収したり、殺人を依頼したりと見境がありません。
そんな中、ある日突然弟のベンがやってきて同居し始めます。ベンは双極性障害があり、この人がまたあちこち引っ掻き回すんです…もう、なんなの、この人〜!それとヘレンの娘もある目的を持って、シカゴから退屈なオザークに滞在することに同意します。その目的をヘレンは知りません。

 

ルースは相変わらずで、すれた態度と生意気な口調でカジノを闊歩してマネージャー業を仕切っています。敵も多いですが、用心深さと機転で危機を乗り越えます。が、今回は大怪我を負って入院するという目に遭ってしまいます。ワイアットとも分かり合えないし、いつも強気だけど健気なルース、幸せになってほしい。
で、そのいとこのワイアットですが、まさかのダーリーンと関係を持ちます。え〜!!!だってダーリーンって結構なお年ですが!これはちょっと強引ではないかと思いましたが、ストーリー上こうなるのは不可欠なんです。話に無駄がない、もうお見事です。
ダーリーンはキツいし、すぐに根に持つし、気に食わないことがあると相手に倍返しだし、どうもこの人苦手だな…が、ルースのためにひと肌脱ぐダーリーン格好いい。この人、有言実行なんです。味方につけたら怖いものなしですね。

 

ベンの結末には驚きましたが、意外とルースが冷静でした。ウェンディはさすがに参ってましたが、なんとか家族を守ろうとするマーティ。今回はジョナが成長していて、真面目なのか変人なのか、14歳にしてはちょっと落ち着きすぎだけど、ヘレンの娘に恋心を抱くというほのぼのシーンもありでした。
そして、衝撃のラスト。いや〜、衝撃すぎますって。全然予測してませんでした。続きが気になる〜!シーズン4は来年?まだ未定のようです。

 

Netflix
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ