宇宙が舞台ではあるけど「アウェイ-遠く離れて-」|Netflixあらすじ感想

NetFlixNetflixアウェイ

Netflixネットフリックスで視聴可能なドラマ「アウェイ-遠く離れて-」のあらすじ感想です。

 

3年間の任務で有人火星探査に挑む船長のエマ。全世界が注目する中、長年の夢であった宇宙飛行に意気揚々と参加したものの、直後に船内で思わぬトラブルが起きてしまう。乗組員の機転で事なきを得たが、このことがきっかけでチームリーダーとしての適性に疑問を感じたクルーとの間に亀裂が入る。
地上から同僚でもあり応援してくれる夫・マットが脳出血で倒れたと連絡が入り激しく動揺するエマ。さらに一人娘のレックスが登校拒否をしたと聞き…

Away | Official Trailer | Netflix

感想

宇宙の話は好きなので映画やドラマなどよく見ています。こちらもそうなのかなと期待して見ましたが、舞台は宇宙で、宇宙船の中ではあるものの、宇宙ものとはだいぶ異なります。まず宇宙船の乗組員はエマを含めて5人。それぞれ出身国が異なる異国籍集団で、我が強い人、経験豊富だけど頑固な人、中立的な人、過去にトラウマを持ってる人などで始めから対立しています。

 

そこから協力しあって、様々なトラブルに立ち向かっていく中で少しずつお互いを理解しあっていくという話なのですが、これ、出発前に解決しておかないといけない案件じゃないのかな…

 

それと、エマの娘で15歳のレックス。宇宙にいて火星に向かっている母親に「帰ってきて」ってそれないでしょ〜。自分のことを大切に思っていないから行ってしまったんだとプンプン。訓練中に母親が家を空けることもあったでしょうし、3年間のミッションということも話し合ってなかったのかとも思えるこの言動に思わず、なんだよそれ!となってしまいました。父親もNASAで働いているし、重要な任務って理解してるはずなんだけど?

 

地上にいる家族や乗組員たちの過去映像や、友人・家族などの話が多く、宇宙にいる乗組員の仕事という仕事といえば船外活動2度。船内では唯一植物を育てているというのがある他は、ほぼ何もしていません。エマは地上の人たちのスマホに電話をしたり、メールやメッセージを送ったり、宇宙食を食べたりが主な仕事のようです。せっかく宇宙なんだから何かしてるはずと思いますが、そういった場面を描くには専門知識が必要になってくるでしょうから省いちゃったのかもしれません。

 

 

ベテラン飛行士のミーシャは娘と仲違いしています。その原因が父親は仕事熱心で母親亡き後も家にいなかった、自分は捨てられたというものですが、自分がミーシャの子供だったとしたら、長年宇宙飛行士として活躍する父を尊敬こそすれ、あんな態度にはならないと思います。自慢の父ですよ、宇宙飛行士ですからね!

 

シーズン2につながりそうな終わり方ではないように思いますが、続きがあるとしたら次は不倫ドラマになりそうな予感。
エマの友人で家族ぐるみの付き合いがあるメリッサはマットに気があるし、レックスもなんとなく気付いてそうなシーンがありました。そして、火星に到着したクルーたちはやっと分かり合えたようで仲良くやっていけそうですが、面倒見がいいエマに好意を抱いてつい告ってしまうラム。エマはラムの気持ちを知って拒絶するものの、ちょっといい雰囲気…

 

これは「SFの宇宙を軸にしたドラマ」というよりは、遠くに離れ離れになった家族やクルーメンバーとの葛藤など、ヒューマンドラマが主体の話です。これ、宇宙じゃなくても、未開の地に赴任されたとか、数日ではすぐに帰ってこられないところに単身赴任とか、そういう設定でもいけたかも。

 

ファミリーものやティーンドラマが好きな人には好評のようですが、中には宇宙色が薄過ぎて期待はずれ、みたいな感想もちらほら出ています。

Netflix

 

ハラハラドキドキの宇宙映画はこちら

 

野口飛行士クルードラゴンで宇宙へ!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ