打ち切りですが「チェンバース 邪悪なハート」|Netflixあらすじ感想

NetFlixチェンバース邪悪なハート

Netflixネットフリックスで視聴可能なドラマ「チェンバース 邪悪なハート」のあらすじ感想です。

 

インディアン部族ナバホ族の血を引く女子高生サーシャは突然の心臓発作に襲われたが、心臓移植のおかげで九死に一生を得る。その後、幻覚の症状に悩まされるようになったサーシャはドナー・ベッキーの死因を調べ始める。
娘ベッキーを亡くして悲しみに暮れるベンとナンシー夫妻はサーシャに裕福な学校への転校と金銭的な援助を申し出る。必要以上に近付きたがる彼らに戸惑うサーシャだったが、ベッキーの死にはベンが深く関わっていた…

Chambers | Season 1 Official Trailer [HD] | Netflix

感想

新作はチェックしているつもりでしたが、こちらの作品は去年のドラマでした。高校生が主人公の話は世代が違い過ぎてほぼ見ないのですが、たまたま見つけたので見てみました。
ジャンルはスーパーナチュラルホラー、超常現象とかの話です。

 

主演のサーシャ役はシヴァン・アルリラ・ローズ、ドナーの母ナンシー役にユア・サーマン
シヴァンさんは女子高生役で露出度の高い服装をしているものの、なんだろう、40過ぎに見えてしまい最後まで違和感がありました。サーシャは母親を亡くしてから叔父さんに育てられているのですが、どう見たっておじさんと夫婦にしか見えません。なので、彼氏のTJ(グリフィン・パウエル=アルカン)といちゃついている場面では、おばさんとティーン男子?みたいになります。一体何歳なんだろうと思いましたが、1999年7月生まれなので撮影時は19歳でした。
スタイルは抜群です。

 

ドナー提供者の両親は裕福そうな夫婦で、サーシャを家に招待するのですが、なんとなく胡散臭い。何か隠してるでしょ的雰囲気が満載です。怪しさ漂うユアさん演じるナンシー、ヨガとか瞑想にふける夫ベン。新興宗教的な、そういう活動が関係してるっぽい?

 

サーシャはインディアン部族ナバホ族の血を引くとあります。インディアンというと何か独特の呪術とか、説明がつかない超現象も不思議ではないような印象を受けますが、そういったところも相まって最後までどうなるのか分かりません。

 

 

中盤あたりまでは謎に満ちたドナー・ベッキーの真相を探るという、割といい感じに話は進んでいくのですが、それ以降がちょっと残念な感じかなと思いました。少しずつベッキーが乗り移ってきて、サーシャは態度だけでなく容姿も変貌していきます。
終盤ではついにベッキーに乗っ取られる!完全にベッキーだよ、サーシャじゃないよ、どうするのこれ?

 

最終的な解決策として、マシンが出てきてしまいました。日焼けマシーンみたいなやつ。それにサーシャをかざします。なんだそりゃですが、もう少しなので見続けます。そしてまさかの、続く?
これ以上話を伸ばすの?

 

…はい、続編は無しだそうです。理由は分かりません。しかし、なんでこんな終わり方にしたんだろう。当時の製作陣は続編もいける!と思って撮影したのかもしれません。ドラマ「メシア」といい、続編を期待させておいて尻切れとんぼみたいな終わり方はえ〜!っとなりますね。
10話とちょっと長いですが、TJ役のグリフィンさんがかわいかったので目の保養でした。

 

Netflix

 

おすすめドラマ「メシア」

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ