After Life/アフター・ライフ シーズン2|Netflixあらすじ感想

NetFlixAfter Life season2, アフター・ライフシーズン2

Netflixネットフリックスで視聴可能なドラマ「After Life /アフター・ライフ」シーズン2を見たので、あらすじと感想です。

 

あらすじ

地元の新聞社に勤めるトニーは妻を癌で亡くしてから自暴自棄になり、自分勝手な行動をとって周囲を困惑させている。同僚や友人たちはトニーを元気付けようと支えるが、彼らもまたそれぞれ悩みを抱えている。そんな中トニーは、ケアハウスに入居している父が亡くなったという知らせを受ける。

 

After Life | Season 2 Official Trailer | Netflix

感想

前回のシーズン1では、妻を亡くしたばかりで自殺願望があったトニー。もうどうにでもなれとすごく嫌なおじさんになってひねくれていました。その偏屈っぷりがすごかったですが、今回は…今回もやっぱり偏屈です。ですが、シーズン1より少しいい人になろうというという気持ちが見て取れて、実際少しずつ心境の変化はありそうでした。


取材先のお宅でも家族を亡くした未亡人に、いつもなら悪態をつきそうなところですが、温かい言葉をかけたり、義弟のヨガ教室にも嫌々ながら参加したりします。でも家に帰ると、撮りためた妻の動画を延々と見る生活が続いています。

 

トニー役はリッキー・ジャーヴェイス。偏屈で嫌味なおじさんといえばこの人が浮かんでくるイギリス出身の俳優さんです。俳優業の他、コメディアンでもありプロデューサーでもあり、ディレクターでもあります。本作品の原作・制作もしています。リッキーさんを初めて見たのは、ドラマ「ジ・オフィス(The Office)」で、空気が読めない嫌な上司を見事に演じています。嫌な上司なんだけど、こういう人いそうだよ〜!となんだか笑っちゃうほのぼのさもあるちょっとクセのあるドラマでした。

 


他にもAmazon Videoで視聴可能なドラマ「エキストラ(Extras)」にも出演しています。こちらも見栄っ張りの冴えない中年男役が見事にハマっていました。本作品もついそのイメージで見てしまいましたが、シーズン2はシリアスな場面が多々あって、コメディチックでもあり、ちょっと切ない回でもありました。

 

ちなみに、父親の世話をする看護師・エマ役のアシュリー・ジェンセンさんとはドラマ「エキストラ」でも共演しています。「エキストラ」ではとぼけた演技がキュートでしたが、本作品では自暴自棄のトニーを説教したり、トニーに気があるけど年齢的に揺れ動く複雑な女心を自然体に演じています。

 

トニーの周囲もまたクセのある人ばかりで、彼らがまたいい味を出してます。同僚や同僚のパートナー、義弟、義弟のカウンセラーやヨガインストラクター、また用もないのにトニーの家に入り浸る郵便配達員や、取材先の人など一風変わった人ばかり。ケアハウスに入居している認知症の父との掛け合いもほのぼのですが、父は旅立ってしまいます…

 


徐々に立ち直ったかに見えたトニーですが、ふと一人になると大切な人達への思いが込み上げてきて、深い悲しみで潰されそう。トニーは命を絶ってしまうのか。今回は妻に次いで父も亡くしたトニーの悲しみが切なかったです。コメディとして見始めたのにホロッとするドラマでした!

 

Netflix

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ