ローマ警察殺人課アウレリオ・ゼン|Huluあらすじ感想

Huluあらすじ感想

huluで視聴可能なドラマ「ローマ警察殺人課アウレリオ・ゼン 3つの事件」を見ました。

あらすじ

ローマ警察殺人課に所属するベネチア人のアウレリオ・ゼン。難事件を解決し、内務省にも一目置かれている。私生活では別居中の妻がいて、母親と同居している。職場では魅力的なタニアと出会うが、タニアもまた夫と離婚協議中で複雑な関係を続ける二人だったが…

MASTERPIECE Mystery! | Zen: "Cabal" | PBS

感想

全3話、それぞれ1時間半の一話完結のドラマです。一話完結なのですが、ゼンの私生活の流れがあるので順番に見ていくのをお勧めします。ゼン役の主演はルーファス・シーウェル(Rufus Sewell)。アマゾンオリジナルドラマ「高い城の男」のジョン・スミス役で出演していました。「高い城の男」の方では、軍服が似合う渋い人だなという印象を受けましたが、「ゼン」では渋いけど飄々としたチャーミングなルーファス・シーウェルが見られます。

 

大きな疑問はイタリア・ローマ警察なのに皆さんの会話が英語。イタリア人って普通に英語も話すの?まぁその辺は、撮影はローマだけど制作がイギリスで、イギリスのベストセラー原作で、イギリスの俳優さん起用という事でそういうことになっているみたいです。

 

最初見た時に作りが古そうだけどわざとそうしているのかと思ったら、制作は2011年。どうりでルーファス・シーウェルが若いはずですね。この方はハスキーボイスも魅力です。全体的にカメラワークが懐かしい感じで、「太陽にほえろ」を彷彿とさせます。魅力といえばタニア役のイタリア人カテリーナ・ムリーノ(Caterina Murino)。映画「007 カジノ・ロワイヤル」にも出演しているきれいな女優さんです。もうエロさが溢れ出てます。こんな目をされたら男性は勘違いしちゃうでしょうね〜。

 

細かいことを言うと、訳が少し雑というか、明らかに俳優さんが話しているところでも何の字幕もない箇所が多々見られました。「どうせ訳したって分からないでしょ?」なのか、「翻訳すると話がややこしくなっちゃうし」みたいなことで飛ばしたのかもしれませんが、視聴者からすると「これ何言ってるの?」ととても気になります。こんな手抜き(?)訳のドラマは初めて見ました。その辺のところを気にしなければ面白いと思います。
最後はタニアが…そして、正義の人ゼンは、お金に困っている団体に贈り物をして完結。続編はないようです。

 

ローマ警察殺人課アウレリオ・ゼン
BBC

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ