ケース・センシティブ 静かなる殺人1・歪んだ愛|Huluのあらすじ感想

Hulucase sensitive1, ケース・センシティブ

Huluフールーで視聴可能なドラマ「ケース・センシティブ 静かなる殺人・歪んだ愛」を見たので、あらすじと感想です。

あらすじ

イギリス・オークウッド。出張から戻ったマークの自宅で妻ジェラルディンと娘のルーシーの遺体が発見される。発見者はルーシーの友人とその母親。地元警察のチャーリーとサイモンが捜査にあたる。子供を道連れにした母親の自殺かと思われたが、夫のマークも容疑者から外せない。そんな中、謎の女性がマークの元を訪れる。マークに会いにきたと言う女性だが、二人はお互い面識はなく、どうやら「マーク」と名乗る別の人物がいるらしいが…

 

CASE SENSITIVE 30 HD

感想

主役の女性刑事チャーリー役はオリヴィア・ウィリアムズ、容疑者の夫役マークはルパート・グレイヴスです。オリヴィアは、顔は見たことがあるんだけど具体的に作品は思い浮かばないなと思いながら見始めました。最初からなんとなくいい仕事をしそうな雰囲気が出ています。wikiによると、先日見た映画「ヴィクトリア女王 最期の秘密」にも出演していました。
一方マーク役のルパートはドラマでよく見る顔です。ドラマ「シャーロック」のレストレード警部役でも有名ですが、私が最初に見たのは映画「眺めのいい部屋」。ヘレナ・ボナム=カーター演じるルーシーの弟フレディ役でした。無邪気な弟役で本当に美少年でした。

 

Cecil?

 

他に知った顔はといえば、HuluオリジナルのHuluプレミアドラマ「ヒューマンズ」に出演していたトム・グッドマン=ヒル。家族のために擬人化ロボット・ミアを購入したものの、自分の都合で変なことをしてしまい家族から軽蔑される夫役のあの人です。

 

前半はハラハラで良かったのですが、犯人が分かってからは急速に面白味がなくなってしまうのが残念でした。ストーリーもアイデアもいいのに本当に惜しい。もう一人の「マーク」と名乗る謎の男の存在や、途中から出てくるホテル勤務の女性が本名を伏せて同僚の名を使用したために捜査を撹乱するとか、刑事物ならではの複雑に入り組んだ関係者たちの言動を敏腕刑事が紐解いていくんだろうなという、いい要素がたくさんあるのに犯人があいつってなんなんだ〜。

 

チャーリーは同僚のサイモンに気があるようだけど素直になれないような、そんな雰囲気でしたが、この二人の関係にも注目です。作中で、「あの日、金曜日は…」みたいな話が何度か出てきます。酔ったチャーリーとサイモンは過去に何かあったみたいですね!

 

itv

少し残念なストーリー展開ではありますが、1話46分×2なので、気楽に見られていいと思います。もし、もう少し長編なら、もっと面白かったんだろうなと思いました。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ