続編あり?「君の名前で僕を呼んで」|Huluあらすじ感想

Hulucall me by your name, 君の名前で僕を呼んであらすじ感想

Huluフールーで視聴可能な映画「君の名前で僕を呼んで」をみたので、あらすじと感想です。

 

あらすじ

1983年、両親と共に北イタリアの別荘で夏を過ごす17歳のエリオ。両親の影響で文学を好み、ピアノやギターを趣味に持ち、自由気ままに休暇を過ごしていた。そこへ、大学教授であるエリオの父親の招待で学生のオリヴァーがやってきた。自信に溢れたオリヴァーを最初は横柄だと感じて、良い印象を持たなかったエリオだったが、徐々にオリヴァーに惹かれていく。オリヴァーもまた同じ想いだった。

 

Call Me By Your Name | Official Trailer HD (2017)

感想

これはもうエリオ役のティモシーとオリヴァー役のアーミーありきの映画でしょう!別の俳優さんだったらこうもピタリとはまらなかったと思います。北イタリアも美しい。ティモシーも美しい。

 

オリヴァーは24歳設定ですが、実際はもうちょっと上に見えます。自信に満ち溢れ、溌剌とした魅力あるオリヴァー、しかもハンサムで誰からも好まれる好青年。そんなオリヴァーをつい目で追ってしまうエリオ。オリヴァーは最初からボディタッチが多くて、意識しているのか無意識なのか、相手をドキッとさせるきっかけを作ってしまう罪な人です。最初は戸惑うエリオですが、徐々にオリヴァーに惹かれていき感情を抑えられず想いは膨らんでいきます。

 

大人のオリヴァーは自分の立場と理性からエリオの告白に戸惑いますが、彼の想いもまた同じ。若いエリオはストレートに感情をぶつけてきますが、道ならぬ恋ゆえに抑制しなくてはと葛藤するオリヴァー。

 

論文を執筆しているオリヴァーはエリオに100%向き合うのではなく、時には無断で一人外出したりと自分の時間を満喫していますが、若く純粋なエリオは何も手がつかず、オリヴァーが自分の元に戻るのを辛抱強く待ち続け、焼きもちや会えない時間にイライラし、時には裏切られたと感じてしまいます。繊細に揺れ動く一途なティーンの恋心をティモシーが好演しています。
好きな人が着ているシャツ欲しいよね、すごーく分かるよ〜!

 

とばっちりというか気の毒なのはエリオに好意を寄せるマルシア。行き所のないモヤモヤを、マルシアと関係を持つことでどうにかやり過ごすエリオ。で、オリヴァーが戻れば用済みという…連絡もないし急に素っ気ない態度のエリオにショックを受けるマルシアですが、後悔していないと彼女。
マルシアもまた叶わない恋でしたが、短い間でもドキドキと輝いていた思い出があるというのは幸せなことなのでしょうね。続編があるとしたら、エリオとはいい関係が続いているのではと思いました。

 

元々親子の距離が近いエリオ一家、両親は息子の道ならぬ純粋な想いに気付いています。オリヴァーの気持ちも知っています。息子の恋がハッピーエンドとならないことは分かっていますが、それでも彼に寄り添い見守ります。

 

ラスト。辛い別れから数ヶ月経過して季節は冬。また別荘に戻ってきたエリオ一家に一報が。いつかはと予測していたことだけど、オリヴァーにとっておめでたいことなのですが、打ちのめされるエリオ。エリオは暖炉を見つめて静かに涙を流します。

 

なんとも切ない、美しい映画でした。ルカ・グァダニーノ監督は続編を考えているそうです!

 

©︎Sony pictures classics

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ