HuluSALYUT7, 映画サリュート7

Huluで視聴可能な映画「サリュート7」を見たので、あらすじと感想です。

 

あらすじ

1985年ロシア。宇宙ステーション・サリュート7と消息が途絶えてしまい、このままでは地球に落下してしまう可能性があった。無人ステーションに宇宙飛行士を送り込み修理をするしか手立てがないが、回転するステーションに手動ドッキングをしての作業は極めて困難であった。そこで選ばれたのが退役宇宙飛行士のウラジーミル。もうひとりは技師のヴィクトル。二人は無事にサリュート7とのドッキングを成功させるが、ステーション内部は凍りついていて、全ての機能が停止していた。数々のトラブルに挑む二人に最大の危機が迫る…

 

SALYUT – 7 Bande Annonce VF ✩ Action (2018)

感想(内容含む)

宇宙ものは好きでよく見ていますが、こちらもハラハラドキドキで面白かったです。特に映像がきれい。映画に欠かせないイケメンは出ていませんが、それでも最後まで飽きずに見られました。映画「ゼログラビティ」より、どちらかというと、こちらの方が楽しめました。1985年を再現しているので、なんとなく古めかしい感じにわざと作っているようです。

 

当時は冷戦のさなかで、ロシアではなくソ連時代でした。ソ連とアメリカは宇宙の開発において相互で争っている時代で、宇宙の科学的研究と並行して軍事利用という目的もありました。ストーリー後半で、トラブルがあってウラジーミルとヴィクトルの帰還が無理かもとなった時に、追随してくるアメリカのスペースシャトルに技術を知られないようにと、管制塔の連中は二人がいるステーションを爆破するなんて話をしていました。ちなみにウラジーミルとヴィクトルは既婚者です。ウラジーミルは幼い娘がいて、ヴィクトルは妻が臨月の時に任務に向かっているという設定です。技術を守るためとはいえ、乗組員が滞在する有人船を爆破って恐ろしすぎる…

 

一度は退役した宇宙飛行士のウラジーミルは並外れたオペレーションテクを持っていて、ここぞという時に皆の期待を裏切りません。というか、管制塔側で待機の指示中でも構わず前進します。これ、結果的に成功してるからいいけど、失敗してたら相当まずいでしょ〜。最初のドッキングの成功は拍手でしたが、こういった独りよがりな人がパートナーって嫌なんだよな…一緒に乗船したヴィクトルがトラブルに巻き込まれる予感…でしたが、ウラジーミルは勝手に行動するけれども、失敗はしない人なので結果オーライでした。

 

ドッキングに成功したものの、ステーション内は機能しておらず、まずは凍った機器を温めて復旧する作業から始めた二人。温めると大量の水が発生するので、ふわふわと浮遊する水滴を集めて拭き取ったりの作業が続きます。ウラジーミルが生命維持装置の不具合を確認するため船外に出ていると…一粒の水滴が原因か酸素供給所からと見られる発火が原因で船内が炎に包まれます。熱風に吹き飛ばされるヴィクトル大丈夫か?

 

何がどうなったのか分かりませんが、ぐったりだけど生きていたヴィクトル。いや、炎に飛ばされてたけど?数時間後、機能しない船内に残された二人。ここで衝撃の事実が判明します、なんと、帰還するための酸素が一人分しかありません!「ゼログラビティ」のマットみたいに、自己犠牲でどっちかが死んじゃうの?管制塔はその事実を弱ってるヴィクトルではなく、ウラジーミルにだけ伝えます。一人だけ抜け駆け?新パパのヴィクトルに譲る?どっち?

 

 

ラストはかなりハラハラですが、こういった映画によくあるパターンじゃなくて良かったです。あの火事の場面と場に合わない選曲のせいでモヤモヤは多少残りますが、良作でした。宇宙とかSF関係がお好きな方は是非ご覧ください。

 

カナダの退役宇宙飛行士のクリス・ハドフィールドさんが宇宙映画のレビューをしています。↓本物だからこその感想が聞けて面白いです。
クリスさんはロシアのミッションの時にスペースシップに銃を持ち込んだことがあると衝撃発言!真相は、宇宙ステーションの軌道から離れたらどこに落ちるのか分からないので、特別な型の銃が備えとして救急パックに入っていたそうです。もしかしたら大型のグリズリー(熊)に遭遇するかもしれないからね、とクリスさん。そうなったら「2発はグレズリーに向けて撃って、残り1発は自分にかな?知らんけど(笑)」みたいに(!)言ってます…

 

Astronaut Chris Hadfield Reviews Space Movies, from 'Gravity' to 'Interstellar' | Vanity Fair