AmazonPrimeUpgrade, アップグレードあらすじ感想

AmazonPrimeVideoで視聴可能な映画「アップグレード(Upgrade)を見たので、あらすじ感想です。

あらすじ

 近未来。整備士グレイはちょうど帰宅した妻と一緒に、顧客のエロン宅に車を届けに向かった。妻によるとエロンはエンジニアとして成功している名の知れた実業家だった。エロンは二人に自分が開発したという最新の高性能AIチップ・ステム(STEM)を見せる。
 帰り道に自動制御の妻の車がシステム不能で横転、出くわした暴徒に妻は殺害されグレイは四肢麻痺になってしまう。事情を知ったエロンからあることを提案されるグレイ。それは体にステムを埋め込めば元どおりに動けるようになるというものだった。

 

Upgrade Trailer #1 (2018) | Movieclips Trailers

感想

 最初の印象とは違って面白かったです。ジャンルで言うとSFとか、サスペンス。全く知らない作品を見る時はタイトルとパッケージイメージ画像で選んでしまいますが、これ変えた方がいいんじゃないかなと思いました。この作品イメージと実際の主演俳優さんは同じ人なのですが、全く別人のように見えるんです。
 グレイを演じているのはローガン・マーシャル=グリーン(Logan Marshall-Green)、見たことがあると思ったら、同じくAmazonPrimeVideoで視聴可能なドラマ「クォーリー(QUARRY)」に出てた人!

 

 ローガンさんはトム・ハーディに似てるとも言われているようですが、うーん、そうかな?髭面で不精っぽく見えるけど、よく見るとハンサムです。場面とか角度によって印象が変わる不思議な俳優さんですね。声がジョエル・キナマンに少し似てるような?ちなみにジョエル・キナマンさんは英語圏だと「ジョエル」、スウェーデンだと「ヨエル」と呼ばれています。

 

AmazonPrimeVideo

 

 近未来ということで、ぱっと見は車の自動運転や監視ドローン以外はさほど今と変わりません。ですが、なんと、小さい虫みたいな万能AIが驚くべき頭脳を見せます。ステムを埋め込んだグレイは自由に体が動かせるようになり、妻を殺した犯人を探します。
 しかし、ここで思わぬ展開に。なんと、ステムは麻痺した体を動かすだけでなく自分の”声”を持ち、グレイだけがその声を聞くことができるという…一見独り言を言っているような、ステムのせいで自分の意に沿わない動きをするグレイがコミカルで笑えます。

 

 そんなこんなで密かに犯人に近づくグレイですが、驚愕の事実が!なんと、犯人の目的は妻を殺害することではなく、グレイを麻痺させてステムを体に埋め込むことでした。奥さんは運悪くそこに居合わせただけだったんですね。のちに明らかになりますが、だんだんと学習してグレイを乗っ取りつつあるAIステム。そうなんです、大元の犯人はステムでした。

 

 開発者の天才エンジニア・エロンも、当初から自分が作ったAIに脅されていたという…ステムは頭脳だけなので、グレイの体が欲しかったんです。
 そこで計画的に事故に遭わせて体を麻痺させ、ステムに脅されたエロンはグレイに「いいものあるよ」と提案、その通りに乗っかっちゃったグレイはステムを体内へという、全てはステムの思惑通りに進んだのでした。さすが高性能AIだよ!恐ろしいよ!

 

 最強の頭脳を持ったステムは、ついに人間の肉体をも手に入れてしまいました。ドラマだったら続編がありそうなラストでした。

 

 近い将来、学習したAIに我々はコントロールされてしまう日が来るのでしょうか…見ていない方は是非ご覧ください。