ヘソクリ, 仕事主婦へそくり へそくり運用

パートを始めて5年経ち、6年目に突入しました。
肩こり腰痛、手首関節の痛みなど年々老いを感じつつありますが、ずっと家にいた頃より全体的に体調はいいです。
というか、もう少し働ける余力はありありなのですが、シフト的に無理そうなので単発の仕事に興味を持ちつつある今日この頃です。


昨年のへそくり合計額は540万円でした。今年はいくらになったのか?


実は昨年「パート4周年!主婦のへそくりはいくら?」を更新したのが10月の始めだったのですが、その後年末に向かってグーンと株の損益が増えたので、昨年末時点でのへそくり額は”2022年のへそくり目標額700万円”と掲げていた額に既に到達してました。昨年末の上昇率はすごかったですね。

計算してみます…

へそくりは780万円ほどになりました。
1年間でトータル80万円のプラスでした。
昨年の「パート4周年!主婦のへそくりはいくら?」更新時からだと240万円のプラスですが、上記に記載した通り、きっかり今年1年と考えるとプラス80万円でした。今年は損益がほぼつかない年という何の楽しみも希望もない年になってしまい、80万円というのは大方パート代です。
昨年の勢いがあればもしかしたら900万円、いや、ついに1,000万円の大台に突入か〜?!と期待していただけに残念な結果となってしまいました。


今年は米国個別株を少ない余力で買い増していました。一番付いたのは原油。なんと買値の3倍!ですが、資金不足で2万円ほどしか買わなかったので評価額は6万円。ここは強気に10倍の20万円くらい買っておけば…あの銘柄を売って全力で挑んでおけば…
昨年末時点で700万円あったんだから、全売りで原油を買ってれば2千万円だったか〜。巷ではETFを買ったら手を付けずに実直に毎月コツコツだよという教えが広まってますが、昨年のような相場の時は冒険も必要ですね。まぁ仕方がない。株素人おばさんはこんなものでしょう。


何といっても今年は余剰金が不足で思うように買えなかったのも良くなかった。
パートは”コロナ時短シフト”が通常運転になりつつあり、職場自体の売り上げもコロナ以前に戻ってないだろうことは明らかなので左程忙しくない→残業代がつかない→収入減、となってしまいました。

そしてiDeCoはいくらに…

損益率は22,8%。悪くないですね。銀行より全然いいです。
毎月コツコツ2万円で掛金64万円が78万円になりました。

右肩上がり気持ちエェ〜!

来年の目標金額

来年のへそくり目標合計額は_______
米国株も停滞続きなので弱気の850万円。昨年末の勢いがあればいいですが、来年もまた厳しそうです。

毎年言ってますが、もっと早く働き始めれば良かった。
最近の子供達の態度を見ていると、そんなにあれこれ手取り足取り親業を頑張る必要はなかったのかな〜と。丁寧に自分なりにやってきたつもりでしたが、結局は親の話は聞かずで返事もしないし、頑張ってプランを立てて連れて行った旅行や行楽地も全く覚えていないそう。まぁそりゃそうか。
子供が幼くても家事育児に全力投球ではなく、自分の趣味、生き甲斐、貯蓄はそこそこ優先するべきですね。


ちょっと愚痴になってしまいましたが、今働こうかどうかと迷っている方はブランクがあっても挑戦してみることをお勧めします!

○パート3周年!主婦のへそくりはいくら?
○パート4周年!主婦のへそくりはいくら?