NetFlixAmerican horror story Apocalypse, アメリカンホラーストーリー黙示録 シーズン8, アメリカン・ホラー・ストーリー黙示録シーズン8

Netflixネットフリックスで視聴可能なドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン8|黙示録」を見たので、あらすじと感想です。

 

あらすじ

核戦争により世界が崩壊する最中、大金を払った者や優秀な遺伝子を持つ者だけが特別な基地に避難していた。避難とは名ばかりで支配者に管理されての生活を送っていたが、やがて3年の月日が流れ、食料も尽きかけた頃に「共同体」という組織の代表者という謎の男が現れ、基地内の人間の選別をし始める。マイケル・ラングドンと名乗るこの男の正体は一体何者なのか。

American Horror Story Season 8 Trailer (HD) American Horror Story: Apocalypse

感想

面白かったです。今ネットフリックスで見られるのがシーズン8の黙示録までなので、やっとここまで見終わったなという感じです。このシーズン8は、シーズン1の「呪いの館」とシーズン3の「魔女団」とつながっているということで楽しみにしていました。悪魔の子マイケルの登場でそうか、そう来たか!

 

今回のシリーズもいつもと同様、おなじみのレギュラーキャストが別役で登場しています。黙示録の一番の注目キャラといえばもちろんマイケル・ラングドン役のコーディー・ファーン。こんなゴージャスな悪魔見たことない。本物の悪魔見たことないけど。

 

ただの悪者という描き方ではなくて、生まれてからの経緯と本人の力ではどうにもコントロール出来ない悪の力によって生物を殺害してしまうことに悩む少年の苦悩も映し出されています。無邪気な笑顔から一転、ポロポロと涙を流して謝罪するマイケル少年。


どうしてそうしてしまうのか分からない、助けて欲しいと訴えますが結局誰も彼を正しい道に導くことは出来ず見捨てられてしまいます。マイケル自身も自分は怪物だとわかっていますが、善人になりたいとも願っています。
なんてかわいそうなんだ〜!不幸な境遇につい同情してしまう、ハンサムに弱いおばさん。

 

michael langdon • believer

 

キャストも豪華でした。マデリン役のハリエット・サンサム・ハリスはデスパレのフェリシア役が強烈すぎでしたが、今回も怪しかったです。ホラーストーリーなのですが、ちょいちょい笑える箇所もあってレスリー・グロスマン演じるココがツボでした。魔術師の学校でも浮いてるし、白目をむいて集中すると食べ物のカロリーを当てるってプーッ。

 

ラストはどうなるのだろうとハラハラしながら見続けると、過去に戻ってマイケルのパワーがフルではない、悪魔教会の黒教皇に会う前のマイケルを…あぁ、マイケルかわいそうだ〜。

 

一応は解決したかに思えましたが、悪魔は一定数自然に誕生してしまうようです…

 

シリーズで完結して、次シーズンは新たな話とキャラ設定になるのでどのシーズンを見てもそれなりに楽しめますが、シーズン8の黙示録だけ気になる方はシーズン1&3を見てからの視聴をお勧めします!